ハーレクインコミックス【砂漠の王と千一夜】感想とネタバレ
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【砂漠の王と千一夜】の感想とネタバレについて紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:田中琳

原作者:リン・レイ・ハリス

原題:Carrying The Sheikh’s Heir

【砂漠の王と千一夜】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

砂漠の王と千一夜の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<シェリダン・スローン>
・主人公・
ディキシー・ドゥーイン経営
パーティプランナー

<ラシード・ビン・ザイード・アル・ハッサン>
キル王国国王

【砂漠の王と千一夜】の感想

精子バンクの手違いって…

オイオイ何してるんだよ~って最初なりましたね!
しかも一国の国王が提供していることにも驚き( ゚Д゚)

シェリダンは姉のためとはいえ卵子提供だけじゃなくお腹で育てて代理出産までするとは!
すごい決断をしたと思います。

自分より人の喜ぶ顔が見たいってなかなか言えないですよ~。

せっかく意を決して代理出産を決めたのに、精子の取り違えを聞いた時のシェリダンの心情は計り知れないですね!

知らない国に連れていかれ宮殿で1週間妊娠可否判断を待たされ、もう涙も出ない…からの文句言い返す!
アクティブに動いたシェリダンにあっぱれでした(笑)

重そうな銀のお盆で護衛の頭をドーン( *´艸`)

その後、護衛ともすっかり打ち解けて宮殿を案内してもらえるようになっていましたね。
さすがシェリダン!

王宮のみんながシェリダンを受け入れてくれたのも人徳です!!

シェリダンがラシードを愛してしまったと自分の気持ちに気づいてからの二人のやり取りに引き込まれました。
ラシードにも辛い過去があったとは。

そこからはもう甘々キュンキュンですね。

シェリダンが甘やかされていて、羨ましい限りです(#^^#)

最後の方にギュッといろんな出来事が詰め込まれていたのも見逃せなかったですよ。

砂漠の王と千一夜の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【砂漠の王と千一夜】のネタバレ

ラシードは、父から嫌われ一時は国から離れていました。
ですが、父である先王が亡くなり王位継承者だった弟が継承放棄したため急遽国に帰ることになります。

弟は愛を取り、結婚して国を去ったのです。

決して祖国を忘れたことはなかったと思う反面、
愛など幻想にすぎない永遠の愛などない
と自分に言い聞かせるのでした。

王家の血を守るため国の法に従って精子バンクを利用したにも関わらず、
アメリカ人女性が義兄のと間違ってラシードの精子を使用してしまったとラシードは精子バンクから連絡を受けます。

世継ぎが得られれば相手は誰でもいいと考えるラシード。

ですが、王の子を宿しているのなら放っておくわけにはいかないと女性の身元を調べさせ即アメリカへと飛び立ちます。

その頃、何も知らないシェリダンは、不妊の姉のために義兄の精子と自分の卵子を受精させ
自分のお腹で育てる決意をし、妊娠が分かるのは1週間後だと会社で同僚と話していました。

そこへラシードがやってきて、

「あなたが預かっているものを返して欲しいが無理だろう」

「身ごもった子はキル王国の世継ぎの可能性がある。」

と精子の取り違えをシェリダンに伝えます。

あまりのショックに倒れかけたところラシードが支えてくれますが、
シェリダンはラシードがキル王国国王だと言われ国に連れていかれることに…。

仕事もあるし行かない、勝手に決めないでと突っぱねるが抱きかかえられ強制連行…
大声で降ろしてというがキスで口をふさがれ…。

『これは夢よ…夢に違いない』

もし子供が出来ていたら二人は結婚する、愛なんて不要、全ては義務だとラシードに言われたシェリダン…。

果たしてお腹に子は宿っているのか!?

ラシードがシェリダンに大人しくしているよう言い続けるのはなぜ!?

シェルダンは愛するラシードとの愛を手に入れることができるのでしょうか!?

 

【砂漠の王と千一夜】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

砂漠の王と千一夜の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事