ハーレクインコミックス【本気で愛して】のネタバレと感想
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【本気で愛して】のネタバレと感想について紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:湊よりこ
原作者:ミランダ・リー
原題:Just A Little Sex…

【本気で愛して】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

【本気で愛して】の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<ゾーイ>
・主人公・
 弁護士
<エイダン・ミッチェル>
 BBCサーフCEO
 別荘の管理人 
<ドレイク>
 ゾーイの元カレ

【本気で愛して】のネタバレ

田舎娘だったゾーイは努力して弁護士のキャリアを手に入れます。

努力は実ると知ったゾーイはジム通い、ダイエット、ファッションと自分磨きにお金をかけました。

そして、25歳になった今、ハンサムでエリートな彼と順風満帆!

指輪のサイズも聞かれたため結婚かもとウキウキしながら仕事の休憩中ドレイクに会いに行きます。

「きれいだ、完璧だ!」

と浮足立つようなことを言われプロポーズされる寸前で、いきなり酔った女性が乱入し

「あなた、完璧主義の恋人と寝るのはつまらないって言ってたわよね」
「あの日の夜はあんなに激しく燃えたのに」
と…。

ドレイクは出張に行ったゾーイに会えずさみしかったからと事実を認め、ゾーイは考える時間が欲しいとその場を後にします。

真面目だと思っていたドレイクの浮気、更には相手がベッドで退屈だと思っていたなんて…

これからどうすればいいの!?と思っていたところ、事務員のナイジェルから別荘を使っていいから、今後どうするか考えなさいと鍵を渡されます。

夜、ドレイクと会う約束をしていたゾーイですが、一度心を空っぽにしようと別荘に行くことに。

考え事をしながら信号待ちをしていると青に変わったことに気づかずクラクションを鳴らされてしまいます。

後方にいたのはとてもセクシーな男性で、ナイジェルの別荘の隣にある大きな別荘に車を止めたのでした。

自分には関係ないと思い階段を上りかけた時、ドジって派手に転んでしまいます!

すると、さっきの男性が助けに来てくれ、

「自分はナイジェルの友達で大きな別荘の管理人をしている」
「名前はエイダンだ。何かあったら口笛で呼んで!」

と言い去ったのでした。

翌日、海岸沿いを散歩しているゾーイの元にドレイクからメールが…。腹の立ったゾーイは思わず携帯を海に投げ入れたのです!

そこへサーフィンをしているエイダンと出会い、男運が悪いだろうとズバリ当てられてしまいます。

エイダンも女性関係でひどい目に遭ったらしくお互い慰め合おうと言われますが、友達としてならとゾーイは渋々了承するのでした。

話をするにつれ、やはりエイダンはゾーイと身体を重ねたいと言い出し…。

エイダンの登場で心が揺れるゾーイ…

ゾーイとドレイクはそのまま破局してしまうんでしょうか!?

はたまた、エイダンとゾーイの仲が進展するのでしょうか!?

【本気で愛して】の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【本気で愛して】の感想

ゾーイは賢い!!

そして自分を持っていて負けず嫌い(*´з`)

さすがに弁護士になるべく努力しただけあって、自分にとって何が大切かどう振る舞えばいいのか適切に判断できるんですよねぇ~。

男性からしたらそれが堅物で面白みがない、プライドが高い女だと思われるんでしょうけど…。

でもでも、欲望には勝てず流されちゃってました(;^_^A

『エイダン、チャラい男だよ』 と最初は思いましたよ。

何せ出会った次の日にベッドに誘っていますからね~。でも、サーフィンを教えている姿はかっこよかったです。

何度か大人な場面が出てきますが、どれもゾーイの心情がよく分かるシーンになってました!!

その時だけは自分に素直になれる瞬間ですね。

自分も同じ一夜の過ちを犯したからってドレイク許しちゃうの~???え~っ(-_-;)となっちゃいました(笑)そしたら案の定秘書と…。

ゲスっぷりがスゴすぎて絶句!!!

そんな時、エイダンがゾーイを探してる!ってなったのは嬉しかったですね。

ワタクシ、完全にエイダン推しです!

だって、どんどん頼もしくなっていくんだもの( *´艸`)

ゾーイのパパもいい味出してます!パパがいないと話が完結しなかった。

話は短いですが、簡潔にまとまっておいてとても読みごたえがありました!

 

【本気で愛して】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

【本気で愛して】の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事