ハーレクインコミックス【思い出のなかの結婚】ネタバレと感想
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【思い出のなかの結婚】のネタバレと感想について紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:湊よりこ
原作者:キャサリン・スペンサー
原題:The Costanzo Baby Secret

【思い出のなかの結婚】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

【思い出のなかの結婚】の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<メイブ・コンスタンツォ> 
・主人公・
 事故で1ヶ月昏睡状態  
<ダリオ・コスタンツォ> 
 世界的大企業の次期CEO
 (発展途上国での
  リゾート開発&雇用)

【思い出のなかの結婚】のネタバレ

-こんなことになるなんて-

『僕たちの結婚は間違っていたのか!?』
『できることなら出会ったときの過ちを取り戻したい』

車ごと崖から落ちる自動車事故から1ヶ月、メイブは昏睡状態からようやく目覚めます。

…が、事故に遭ったことも、自分が結婚していたことも憶えていませんでした。

夫であるダリオに医師からもその事実が告げられます。辛抱強く待つようアドバイスを受けたダリオは了承。

それを後方から母親が見ており、こうつぶやくのです。

「疫病神が生きのびたようね」
「あんなマネをしておいて忘れるだなんて」
「なんて都合のいい女」

と・・・。

退院の日を迎えたメイブはやっとダリオと会えることになります。

両親のように貧しくても幸せな家庭を気づける相手であって欲しいと願いますが、なんと迎えに来たのがヘリコプター!!

自分とはますます無縁の人としか思えず…

1年半過ごしたダリオとの記憶は全くないため、ただただ怖いとしか思えないメイブなのです。

そして…背が高くハンサムな夫・ダリオから面と向かって挨拶されますが、メイブは何も思い出せません。

あせらなくても大丈夫と言われるメイブ。

療養のため、別荘があるパンテレリア島へ担当医のペルッチ先生と共に向かうことになりました。

そこで、お互いの指に指輪が無い事をメイブは気付きます。

結婚はうまくいっていたのかと問うメイブに

「うまくはいってなかった…」

と答えるダリア。

いろいろ聞きたいメイブですが、ペルッチ先生から、あせってはいけないしパイロットは操縦に集中しないと、とはぐらかされてしまいます。

パンテレリア島へ到着後、ダリアからコテージへ案内されるメイブですが、やさしくもよそよそしいダリアに

『私たちはうまくいってなかった』
『私が帰ってきてあなたは嬉しいのかしら?』
『今でも私を愛しているか伝えて欲しい』

そうでないとここにいていいのか分からない…と心が落ち着かない様子。

過去のことを聞いても、混乱するだけだし、先生からも止められていると話してくれないダリオ…

聞きたいことはたくさんあるけど聞けないメイブ…

果たしてメイブの記憶は戻るのでしょうか!?

ダリオの母がメイブに言っていた”あんなマネ”とは一体・・・?

【思い出のなかの結婚】の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【思い出のなかの結婚】の感想

ダリオのお母さん…ホント最初はイヤ~な感じなんですよねぇ・・・。

まぁ自分の息子にはもっときれいで学のある相手がいると思うのは親心でしょうし、分からなくもないですけど。

しかも、メイブがしたことを思えばさらに納得するのも分かります。ここは読んでみてください。

最終的にはダリオ一家の勘違いだと分かるんですが…。

ダリオは心が広いのか…メイブの初めての純潔を無理やり奪ったから強く出れないのか…

思った以上に終始優しかったですね。

ただ、メイブが記憶を失う前は結婚してもお互い憎しみ合ってたにもかかわらず、記憶喪失になってからはダリオはメイブを愛するようになったんですよね。

憎しみ合う描写がちょっと少なかったのでなぜ憎しみに変わったのかがよく分からなかったかな。

たぶん私の理解力不足なのでここは申し訳ないです。。。

心を閉ざしていたメイブがコスタンツォ一家にふさわしい嫁になるよう努力している姿は女性ながらカッコよかったですよ!

最後にダリオとメイブの息子ちゃん・セバスティアーノが出てくるんですが、まぁ何とカワイイこと( *´艸`)

家族の問題でギスギスした話が進んでいく中での登場だったので、とっても癒しでした~!!

湊先生のあとがきも大好きです💗

 

【思い出のなかの結婚】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

【思い出のなかの結婚】の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事