ハーレクインコミックス【屈辱のレッスン】ネタバレと感想
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【屈辱のレッスン】のネタバレと感想について紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:羽生シオン
原作者:スーザン・マッカーシー
原題:Practised Deceiver

【屈辱のレッスン】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

【屈辱のレッスン】の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<アリシャ・フォーダム=ジョーンズ> 
・主人公・
 モデル  
<ロス・エリオット> 
 カメラマン
 広告代理店社長

【屈辱のレッスン】のネタバレ

中流階級で学校も郊外、退屈で平和で平凡な日々を過ごすアリシャの唯一の楽しみが最新ファッション雑誌。

そんなアリシャは雑誌のスーパーモデルに憧れ、夢はモデルになること。

そして、スーパーモデルも憧れる超一流の写真家・ロスに写真を撮ってもらうことでした。

雑誌の中に、ロスの写真スタジオの住所と連絡先を見つけたアリシャは、夢が叶うかもと撮影を予約。

ロスに会いたい一心で学校をサボってまで来てしまいました。

相手にされるわけないと思いつつ、アシスタントの女性に呼ばれ部屋へ通されるアリシャですが、事務所に所属してないことを咎められます。

知らなかったと謝罪し、カメラテストにいくらかかるかわからないからとモデルになるために貯めたお小遣いを出すのですが…。

そこへロスが来て

「金さえ払えばぼくに撮ってもらえるとでも思っているのか?」

「僕に撮られればモデルの道が開けるとでも?」

と。

ずっと憧れ、尊敬してきた相手に蔑んだような目で見られるアリシャ。

さらにじっと見つめられますが、なぜか今回は特別に撮影を許可してもらえました!

今ここでモデルの素質がないとロスに見切られたら立ち直れない…バカなことをしてしまった…と思い、アシスタントの女性にも謝ります。

素敵だから自信持ってと背中を押され、いざ撮影に入りますが…極度の緊張でガチガチに。

何度となくロスに非難され身体中が痙攣して悲鳴を上げますが、シャッタ-を切る音が心地よく、アリシャには夢のような時間でした。

『雑誌で見るより怖くて厳しいけど、すごく魅力的な人だ』

とアリシャはダメもとでも来てよかったと感じるのです。

すると、ヌード写真を見せられ”どう思う?”とロスに聞かれたアリシャは、何て美しいんだろうと感動。

ロスを信頼してなければ、こんな写真きっと取れない…と思っていると”撮ってみたい?”と聞かれます。

私にはとても…と言いかけると、ロスから

「君なら撮ってもいいかもと思ったから受けた」

「君にはその価値がある」

と言われたアリシャは、その一言で魔法にかかってしまいました。

もっと撮ってもらいたい、そして認められたいとなすがまま!

胸の先がぐんなりしているとロスに言われたアリシャは、撮影の小道具であるアイスキューブを胸の先端に当てられ…

恥ずかしくも感じてしまい・・・何と、撮影再開しようとしたロスに

「やめないで…っ」

ととんでも発言!!慌ててスタジオを飛び出します。

そのあとは二度とモデルになりたいなんて思わなかったのに・・・

理由あって、皮肉にもモデルで稼がないといけなくなり、会いたくもなかったロスと再会!?

果たしてアリシャがモデルにならなければいけなかった理由とは…?

そして、再会した二人の恋の行方は!?

【屈辱のレッスン】の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【屈辱のレッスン】の感想

せっかく一流大学に入ったのに…

偶然とはいえ、夢だったモデルの仕事をお金のために始めるって。

しかも同じ事務所のモデル仲間から地味で付き合い悪い女と陰口まで叩かれる始末・・・。

挙げ句、報酬のいい仕事ばっかり取っていくって聞こえる声で言われて、女の世界はコワい!

こんなハズじゃなかった…ってアリシャも思ってましたがホントですよね。

でも、裏を返せば実力があるから報酬のいい仕事が取って来れるんじゃないのかしらとも思いました。

そう思うと、妬み嫉みを言ってるようにしか聞こえなくなっちゃった(*´з`)

お金のためっていうのは事実ですもんね。背に腹は変えられないし…稼いで何が悪い!!!

しっかし、傲慢な態度のアリシャのお母さんにイラっときましたよ。

お父さんを失くして辛いのは分かりますけど…

家族を養うためになりたくもなかったモデルを頑張って、出世して医大に通う弟の学費やら家族の生活費やら稼いでたのに、自分は娘の金で悠々自適に暮らしてる!

なのにモデルの仕事は認めてないって・・・。どゆこと!?

しかもとんだトラブルメーカーでしたし。

まぁ、そのおかげでアリシャは素直になれたし、ロスも本音を吐露することができたので良かったかな。

ロスも、口では悪態をついたり厳しかったりなんですが、いざという時に現れるスーパーヒーローみたい(笑)

私には何だかスゴ~くかっこよく見えました!

羽生先生の描く絵がホントにキレイだし、大満足の作品でした!!

 

【屈辱のレッスン】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

【屈辱のレッスン】の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事