ハーレクインコミックス【夜よ、永遠に】ネタバレと感想
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【夜よ、永遠に】のネタバレと感想について紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:篠崎佳久子
原作者:ミランダ・リー
原題:A Woman To Remember

【夜よ、永遠に】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

【夜よ、永遠に】の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<レイチェル・マニング> 
 モデル
<ルーク・セントクレア> 
・主人公・
 カメラマン

【夜よ、永遠に】のネタバレ

『罪の意識は捨てる』
『私は今、遊び慣れたセクシーな女』
『お金周りのいい遊び好きの男を誘惑する…』

レイチェルはそう心に誓って・・・

-1年半後-

32歳になったルークはたまにしか顔を見せないお母さんから歯が痛いなら歯医者に行けだの、結婚しろだのグダグダ言われげんなり。。。

幸せになってほしいからというお母さんに、「僕は十分幸せだよ…」とポツリ。

ルークはプロカメラマンになって10年、生活していくに余りあるほどの蓄えができる程仕事は評価されていました。

高級車を乗り回し、女は何もしなくても寄って来る!

そんな退屈な日常とカメラに対するモチベーションが下がり、お母さんの言う通り実家にでも帰ろうかと考えていた矢先、見つけてしまったのです!!

それは、歯医者の待ち時間に何気なく雑誌を見ていたとき…

<あの夜に会った名前も知らない女性>

が、雑誌に載っていた!!
しかもそこには≪4年前に結婚≫の文字が・・・

――――――――――――――――――――――――――――――

あの夜、声をかけたのはレイチェルでした。

ルークは場慣れしていないレイチェルに疑問を持ちながら一夜の関係を持ちます。
奔放で淫らなだけじゃなく、時折見せるレイチェルの純情そうな顔に恋をしたルーク。
何かあれば責任を取りたいとまで思っていたルークですが、次の日の朝にはレイチェルの姿はどこにもなく…

―――――――――――――――――――――――――――――――

歯医者に断りを入れて貰ってきた雑誌をルークは公衆電話に置いて去ってしまったため、待ち合わせしていたルークのお母さんが自宅に持ち帰ることに。

ルークは雑誌に載っていたレイチェルの写真を撮った人物に会うことができ、レイチェルの旦那さんが2・3か月前に亡くなったことを知ります。

『一夜を共にした時は人妻だった!?』

ますますレイチェルに会って話を聞きたくなったルークはレイチェルを法外なギャラで雇うことに成功!!

ですが、レイチェルはルークを覚えているのかいないのか…

これから二人きりで2日間、モデルとカメラマンとして過ごすことができるのか…

ルークは美しいレイチェルを前に気が気じゃありません。
『あの夜を再現したい、真実が知りたい』と切に願うルーク!

果たして、レイチェルはあの一夜のことを覚えているのでしょうか!?

さらに衝撃の事実が!?

【夜よ、永遠に】の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【夜よ、永遠に】の感想

この物語、男性目線で話が進んでいくんです!

ルークの一目ぼれですよ~どこか愁いのあるレイチェルに!

愁いのある女はなぜかモテる(笑)

現実社会でも(;^ω^)

そしてルークはレイチェルに会って、主導権を握ると言いながら手のひらで転がされてるような気がしました。

話の途中から重~い雰囲気になってしまうんです・・・

というのも、レイチェルの夫は白血病で自然妊娠は難しい!
でも、子供がどうしても欲しいと人工授精まで望んでいた。

レイチェルは心身ともに疲れ果ててしまったんですよね…

そこでたまたま出会ったルークと一夜の関係になったと。

レイチェルに金銭的な余裕があれば心にもゆとりが持てたのかなぁ。
なにせルークと会うといつも情緒不安定だったので。。。

どうなる事かと心配してましたが…

最後に本音が言えて良かったですっ( *´艸`)

 

【夜よ、永遠に】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

【夜よ、永遠に】の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事