ハーレクインコミックス【一夜の夢のあとに】ネタバレと感想
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【一夜の夢のあとに】のネタバレと感想について紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:守矢ゆうか
原作者:ナタリー・アンダーソン
原題:Pregnant By The Commanding Greek

【一夜の夢のあとに】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

【一夜の夢のあとに】の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<エティ・ロバーツ> 
・主人公・
 高級アパートメント勤務  
 チーフコンシェルジュ
<レオン・カリアキス> 
 エティの働くアパートメントのオーナー
 最高級ホテルを数多所有する
 カリアキス家の御曹司

【一夜の夢のあとに】のネタバレ

高級アパートメント≪キャベンディッシュ・ハウス≫で働くエティは、一番古くから暮らし続けてくれていたハロルドが前日亡くなり、家族が財産整理をするため飼っていた犬(トピー)を殺処分すると言われていたことを知ります。

この日に限って大遅刻をしてしまったエティは反省しながらも、どうしてこんなことに…と家族へ抗議に行きますが…
そこにいた男性はハロルドとは無関係だと断言されてしまいます。

周りの従業員が青ざめていたため、何かすごいミスをしたのかと血の気が引くエティ。
新しくアパートメントのオーナーになったレオン・カリアキスだと男性から自己紹介され…。

ハロルドの親戚は別におり、この部屋の持ち物については遺言執行人が財産目録を作成するまでは何もできないと説明済だとエティたちに伝えます。

どうやら殺処分の指示を出したのはこの親戚のようで、レオンが問い詰めるとそそくさと退散してしまいました。

ホッとするエティですが、レオンから部屋に残れと言われてしまう始末。
『罵声を浴びせてしまったし、解雇かな…』
と思っていたところ
「優秀で住民からの評判もいいと報告書で見た」
と褒められます。

「仲間に恵まれたおかげで自分の力ではありません」
と謙遜するエティをじっと見つめるレオン…。

トピーの話題に話を変えられ、レオンは
「自分のペントハウスに置いてあげよう!」
「でも、エサやりと散歩はエティがやること!」
とその場では解雇の話はなく、事なきを得ます。

従業員たちとエティの遅刻やレオンの話をし、これ以上ミスするわけにいかないからと次の仕事に向けてペントハウスにトピーを運ぶことになります。

部屋に入った途端エティは台座に足をぶつけて転倒、ヘアゴムが切れ一時的にペンを借りることに。

音に驚いたレオンが部屋に入ってきて「君はそそっかしい」と言われ…
早速髪に刺さっているペンを見つけられてしまいます。

返した方がいいか聞くエティにレオンは頷き、エティは
『お金持ちなのにペン1本で!』
と思いながら髪をほどきます。

その姿に見惚れるレオン!

その後も姿がちらついて彼女が頭から離れません!

 

エティもまた、彫刻のようなレオンの横顔に見とれてしまい…。

素直なエティに惹かれるレオン…。
レオンに食事に誘われ、夢のような時を過ごすエティ…。

その後、まさかの事実が発覚!

そして、レオンの過去にもある秘密が…。

今後の二人の恋の行方は果たしてどうなるのでしょうか!?

【一夜の夢のあとに】の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【一夜の夢のあとに】の感想

家族思いのエティ!

エティ、優しさがにじみ出てます!

両親が他界後、医大志望の妹の学費の為に昼夜問わず働いているなんて…スゴイ!しかも学年トップの妹なんて鼻が高いですね(≧▽≦)

ですが、二人は住む世界が違う、全ては夢だと言い聞かせるエティ…切なくなります。

優しく話を聞いてあげるレオンはなんとイケメンなことか!

レオン、分かりやすく機嫌が表情に表れているので読んでいる側としてはニヤニヤニヤニヤしちゃいます(*´ω`*)

でも、家族の話はいたたまれませんでした…だからレオンの冷徹な部分が見え隠れするんだなぁと納得!

お互いの心の中が鮮明に描かれてて、読んでいてとても分かりやすいです!
悪役が全く出てこないので二人に集中できるのはいいですね。

二人を取り囲む周りの仲間もみんないい人で良かった( *´艸`)

 

読んだ後、優しい気持ちになれる素敵な作品でした!

日々疲れている、癒しを求めている人にぜひ読んで欲しい物語です(^^♪

 

【一夜の夢のあとに】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

【一夜の夢のあとに】の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事