ハーレクインコミックス【まぼろしの妻】感想とネタバレ
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【まぼろしの妻】の感想とネタバレについて紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:蓮乃おから

原作者:クリスティ・マッケラン

原題:A Contract, A Wedding, A Wife?

【まぼろしの妻】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

まぼろしの妻の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<ソリティア・サンダーズ>
・主人公・
亡くなった父の後を継ぎカフェを経営

<ゼイビア・マックイーン>
ソリティアの店の大家

【まぼろしの妻の感想】

ソリティアの前向きさにとても元気をもらえる作品です(#^^#)

お父さんを失くして一家の大黒柱として家族を支える…
そのために偽装結婚を承諾するって~!

しかも、無表情で終始不機嫌、形式ばったことしかしないゼイビアと
どうにか夫婦らしくなろうと努力してて、ホント健気なんですよ~!!

キューンとなっちゃってましたぁ(*´ω`*)

こんなに可愛くて明るいソリティアを無下に扱うゼイビアにキレまくっていた私(笑)
だって、あまりにも自分勝手すぎるんだもの…。

ようやく二人がゲームして少し打ち解けたところで私の怒りも静まりました~(≧▽≦)
それもこれもソリティアのおかげ!

できた嫁ですよ!!!

後半、ゼイビアが端々にソリティアの明るさや可愛さを口に出していたのでやっぱり思ってたんじゃ~んとなりましたね( *´艸`)

ソリティア目線で話が進んでいくのでゼイビアの心情が
どうなんだろうという部分もありましたが
最終話でやっと気持ちが分かったので良かったです。

最後、ゼイビアが髪を振り乱してて驚くほど男前に見えました!!

まぼろしの妻の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【まぼろしの妻のネタバレ】

ソリティアはゼイビアから借りている店の家賃の値上げを待ってほしくて
秘書に連絡していましたが取り次いでもらえず、直接訪ねてきたのです。

亡き父が始めた会社で現在は一人で切り盛りしている、
母は持病が酷く妹の大学の学費も必要とあり絶対に手放せない

会社の値上げは困るとソリティアは涙目で訴えるもゼイビアは資料が手元に無く、
後日にしてほしいと立ち去ろうとします。

何としてでも話を聞いてもらわないとと思ったソリティアは、

「何か取引はできないですか?店を守れるなら何でもします!!」

とゼイビアに持ち掛けます。

するとゼイビアは、
「何でもするだと!?今一番必要なのは妻だ!!」
と…。

ゼイビアは残り6週間で妻を見つけ、
1年間同居しなくてはならず、
既に3ヶ月も花嫁候補を探し回っていました。

 

理由は、大伯母が所有していたゼイビアの大好きな家を相続する予定だったのですが、
大伯母の残した遺言に
『相続条件は30歳までに結婚していること』
の条項が盛り込まれていたのです!

もし相続できないと浪費家の従兄弟の手に渡りすぐに売られてしまうと言われたソリティア。

ゼイビアから夫婦で暮らすフリをするのをこれまでの女性はよく思わず、
まだ相手が決まっていなかったことを聞きますが、
それで店が守れるならとソリティアは偽装結婚を承諾します。

1年妻のふりをする代わり家賃の5年間据え置き妹の学費援助
母には住込みで介護士を雇うソリティアに必要な資金も振込むという破格の待遇でした。

ですが、母には本当のことを言えず…

「1年間住み込みで家政婦として働く、これで店も守れる」
とだけ説明し心配ないと伝えます。

1年間知らない人と一つ屋根の下…と怖気づきますが家族のため!
とソリティアは自分を奮い立たせるのでした。

結婚式後、ゼイビアの友人であるヒューゴとたまたま出くわしたぎこちない二人、週末にホームパーティに強引に誘われます。

何かと義務感を出すゼイビアに、ソリティアは快く思われていないけど家族を守るためにはうまくやらなければ…と。

こんな調子でこれから1年間、二人は無事に夫婦として過ごせるんでしょうか!?

お互い本当の愛情が芽生えるのはいつ!?

 

【まぼろしの妻】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

まぼろしの妻の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事