ハーレクインコミックス【ひと夏の情熱】ネタバレと感想
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【ひと夏の情熱】のネタバレと感想について紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:みなみ恵夢
原作者:アマンダ・ブラウニング
原題:A Shocking Passion

【ひと夏の情熱】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

【ひと夏の情熱】の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<エレアノーラ> 
・主人公・
 通称:エリー 
<ジャック・ソーントン> 
 義兄(長男)
<リューク・ソーントン>
 義兄(次男)
<ポール・ソーントン>
 義兄(三男)
<アンドレア>
 リュークの婚約者

【ひと夏の情熱】のネタバレ

-まさか、彼にときめくはずがない-

エリーは10歳の時にお母さんが再婚、義兄が3人できました。

その中でも、とりわけリュークに憧れ…やがて恋心に!
その長年の恋が実ってようやく結ばれたのです。

もちろんこの上ない幸せを感じていた…のですが、幻滅が訪れるのも早いもので・・・わずか2か月のうちに何度も裏切られる始末。

そこで悟ったのが、リュークはエリーを愛してない!しかも、エリーもリュークを愛してない!ただ、恋に恋していたんだと。

そんなリュークが婚約

家族が認めないお遊びを楽しんだだけのリュークの口車に乗った自分がバカだったと思いつつ…それを家族、特にジャックに知られるのだけはイヤだと心の中でつぶやきます。

なぜなら、リュークに対するさんざんの”のぼせ”をあざ笑われていたから。

婚約祝いのため家族で集まらないといけないのですが、これまでのことがあり気が乗らないエリー・・・ただ、リュークに未練がないことを納得させるためには参加必須。

自分の中で渋々納得しつつ…ポールと約束した待ち合わせ場所で待っていましたが、現れたのはなんと大嫌いなジャック!!ポールは仕事で忙しく来れなくなったとのこと。

相変わらずリュークとのことでからかわれますが、時折まぶしい位の笑顔を見せたり…つまずいたエリーを抱きかかえたり…するジャックにエリーはドキドキ!!

家に帰る途中、ディナーの約束をした二人、さらに話の流れで賭けをすることになります。

<夏が終わるころにはエリーはリュークのことを忘れている>

エリーは『もう目は覚めてるけど・・・』と心の中でつぶやきますが、お互い勝ったら望みのものをもらえることに!

家に帰って何事もなかったかのようにリュークを祝福するエリーは後ろめたさでいっぱい。そんなエリーを優しくからかうジャック。

「君を好きだということはもうわかっているはずだ」

『冗談?本気?からかうのはやめて!』

エリーはジャックのペースに徐々に巻き込まれていきます・・・

二人を見たリュークは何か思うところがあるようで…

今後の恋の駆け引きに注目!

果たして賭けに勝つのはエリーかジャックか?

【ひと夏の情熱】の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【ひと夏の情熱】の感想

みなみ先生の描く絵が美しすぎます( *´艸`)コミカルな絵もカワイイし至るところに出てくるんで見ていて全然飽きない!ずっと見てたいです。

特に、ジャックがとーってもセクシー!!

し・か・も、エリーが大好き!隠そうともしてない!グイグイ来てます(笑)でも、ノリはいつもと変わらない。

こんなシチュエーション羨ましすぎる!!

エリーはこれまで憎まれ口叩かれてるから冗談としか気づいてないんだわなぁ…

まさに、≪ケンカするほど仲がいい≫ですね。

おかげでリュークがコワイコワイ・・・婚約者がいるのに、まだ自分はエリーに愛されてると思ってるから何かとちょっかい出してくるんですよねぇ。

婚約者のアンドレアもエリーが嫌いだから、意味は違えど二人からの容赦ない攻撃…じゃなくて口撃が(笑)

目が覚めてよかったよエリー、と心から思います。

思えば内輪もめなんですよね・・・義兄二人との三角関係!エリーの想いもジャックの想いも知っていた両親は寛大だなぁと感心しちゃいました。。。

最初から最後まで真っ直ぐにエリーを想うジャックにキュンキュンしっぱなし!

私的には読んできたハーレクインの中でもおススメ上位に入るほどの物語でした。

本当にこの作品に出会えて良かったと心から思います。

 

【ひと夏の情熱】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

【ひと夏の情熱】の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事