ハーレクインコミックス【いけない口づけ】ネタバレと感想
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【いけない口づけ】のネタバレと感想について紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:桜屋響
原作者:レベッカ・ウインターズ
原題:Second-best Wife

【いけない口づけ】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

【いけない口づけ】の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<ガブリエーラ・ホルト> 
・主人公・
 大学生 
 通称:ガービー
<ルカ・フランチェスコ・
 デラ・プロヴェーレ>
 神父 
 通称:ルーク
<ジョヴァンニ>
 ルークの弟

【いけない口づけ】のネタバレ

~イタリアにあるサクランボの木~

小さい頃、ひいおばあちゃんから、小さな農園にあるサクランボの木に登って遊んでいた。

運命の人=ひいおじいちゃんともそこで出会ったという話を聞かされて育ったガービーは、大きくなったらサクランボの木を探して”運命の人”に会う!とひいおばあちゃんに約束します。

時は過ぎ・・・

ジョヴァンニから、特別なところに行くと誘われたガービー。

イタリアの博物館で出会ったジョヴァンニとは、妙に気が合って同い年、気楽に話せる良い友達でした。

車を持っていないジョヴァンニが、車を待たせていると言うので不思議に思っていると・・・

中からジョヴァンニの兄・ルークが出てきます。

お互い紹介されたのち、車に載せてもらうのですが…厳しそうな怖そうなルークにミラー越しに見られていて、ガービーは落ち着かず。

改めてどこに行くのかジョヴァンニに確認すると、何と自分の家に行くと言われてしまうのです!

家族の話なんてしたことないのに・・・?と怪訝な顔をするガービーに、宮殿が自分の家だと案内するジョヴァンニ。

母に着いたことを知らせるから、ルークに案内してもらってと言われるガービー、プロヴェーレ家には歴史がある事を聞かされます。

ですが、なぜ長男ではなく次男が継ぐのかしらと心の中で疑問。

さらに、どうして家のことを黙っていたのかなと呟くガービーに、ルークはとんでもないことを言い出します。

それは、ジョヴァンニがガービーを婚約者として家に連れてきたという事!

ガービーは何のことかさっぱりわからず驚愕しますが、ルークからジョヴァンニが跡継ぎだと知っていて近づいたんじゃないのか?とひどい言葉を浴びせられます。

さらにはガービーの容姿を見て、自分が男を惑わせてるって分かっているんだろうとまで。

ジョヴァンニはあくまでも友達で、プロポーズされても受けることはないとキッパリ断るガービー。

ルークも理解してくれますが、ジョヴァンニに惨めな思いをさせることは出来ないからこの場だけでも話を合わせてくれと懇願され・・・

今後、兄弟二人とガービーの関係はどうなっていくのでしょうか!?

【いけない口づけ】の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【いけない口づけ】の感想

ガービーが可愛い💗

なんていうんでしょう・・・擦れてない(笑)?

ルークから、弟を誘惑するには申し分ないと言わしめるほど、見た目を褒められまくってましたね。

しかも成績は大学のトップだとの話も出てましたし、才色兼備!

挙げ句、性格もいいときたら、男が放っておくわけがありませんよ~。

司祭を目指すルークがガービーに構ってあげたくなるのも、ジョヴァンニが惚れ込むのも分かります。

だからと言っていきなり名家の宮殿に呼ばれて、相手の家族と食事って・・・アリエナイヨ。

ルークの葛藤も読んでいてすごく分かるので、自分の意志に抗わないといけないのは切ないなぁ…と思いながら、まだ宣誓してないならいいじゃんと悪魔のささやきをする私。

ジョヴァンニは、結局ガービーのことが本当に好きだったのかしら…?と思うことが最後にあって驚き。

だって、ジョヴァンニからもらったプレゼントをガービーが盗んだと通報して警察まで出動する事態になりましたから。

結局狂言だったんですけど、ちょっと驚きましたよ。

ガービーを好きだったけど、愛してまではなかった?

それとも、キッパリとガービーに断られたから未練は断ち切った?

気持ちまでは察せなかったけど、罪悪感が拭えないガービーを、ジョヴァンニは一蹴してくれましたからホッと一安心。

兄弟二人が過去の伝統に縛られず、本当にやりたいことを見つけた結果でガービーも幸せになったから良かった(#^^#)

 

【いけない口づけ】は無料試し読みすることができます。
eBookJapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

【いけない口づけ】の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事