ハーレクインコミックス【罪深い肖像画】ネタバレと感想
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【罪深い肖像画】のネタバレと感想について紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:さとう智子
原作者:リン・グレアム
原題:Duarte’s Child

【罪深い肖像画】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

【罪深い肖像画】の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<エミリー>
・主人公・
 デュアルテの妻
 結婚前はモンテイロ家に仕える
 使用人だった
<デュアルテ・アービラ・デ・モンテイロ>   
 モンテイロ家当主で大銀行の頭取
 亡き妻イザベルの肖像画を飾っている
<ブリス>
 イザベルが亡くなった3年前から
 デュアルテの秘書をしている
<ジェイミー>
 エミリーとデュアルテの息子
<イザベル>
 デュアルテの前妻
 3年前に交通事故で亡くなる

【罪深い肖像画】のネタバレ

エミリーとデュアルテは出会いから1か月足らずで結婚します。

大富豪使用人という身分差ではありましたが、デュアルテは全く気にしていませんでした。

ですが、10ヶ月後エミリーは、生まれたばかりの息子・ジェイミーを連れて家を出てしまいます!

3ヶ月後、エミリーはジェイミーを連れてアリスという知人の元で住み込みで馬の世話をしていました。

アリスには感謝しかないエミリーですが、いつまでも置いてもらうわけにはいきません。

なぜなら、デュアルテがジェイミーを跡取りとして奪いに来るだろうと考えていたからです。

そうこうしているうちに、とうとうデュアルテに見つかって自宅に連れ戻されてしまいました。
デュアルテはジェイミーが自分の子ではないと思っているようです。

ですが、エイミーはデュアルテに情熱的なキスをされ…。

エミリーとデュアルテの出会いは1年半前、エミリーがモンテイロ家で使用人として働いていたところ、当主であるデュアルテが自宅に戻ってきました。

デュアルテが飼っている犬のジャズを、別荘の責任者をはじめ全員が常時納屋に閉じ込めていたことがわかり、エミリーが世話係を交代するのです。

夜だけ納屋で眠るようになったジャズですが、夜間に納屋が火事で燃えてしまうという事態に!!

必死の思いで炎の中からジャズを助け出したエミリー。

負傷して運ばれた病院でデュアルテからジャズを助け出したお礼を言われます。

そこから毎日のようにお見舞いに来てくれるようになり、退院祝いで訪れたレストランでデュアルテはついにプロポーズ!

もちろんエミリーもOKしました。

しかし、屋敷に来てからなぜか冷たくなったデュアルテ…。

『前妻のイザベルの肖像画も飾ってあるし…』
『今の妻は私なのに…なぜ?何かあったの???』

身分の違いも相まって肩身が狭くなるエミリーに、
デュアルテの秘書であるブリスだけは味方でアドバイスをしてくれます…が…まさか・・・・・

そのアドバイスがデュアルテの疑いの元になるなんて!?

全て仕組まれていた!?

果たして、誤解は解けるのか!?

二人は最終的に仲直りできるのでしょうか???

【罪深い肖像画】の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【罪深い肖像画】の感想

冒頭部分がスゴイ!

幸せの絶頂から一気に奈落の底へ的な感じですね。3ヶ月よく見つからずに馬の世話して過ごしていたなぁ。

そして見つけてからのデュアルテのそっけない事…
そりゃあエイミーも離婚という気持ちが出てきますよね~。

そこへきてデュアルテの情熱的なキス!!!キャーッ(≧▽≦)

エミリーは優しいですね!

動物が大好きで、全力で愛情を注ぐので、どの動物からもとても好かれています。
ジャズの寂しい気持ちにも、すぐ気づいてあげていましたもんね。

エミリーは命の危険を冒してまでジャズを助ける!本当に勇気がないとできない行為ですよ!!

こんなお金持ちでイケメンプロポーズされたら私も「イェス!」ってなります。
後先なんて考えてられないですわ(笑)

身分が違うので、何かと疑いたくなるのも何となく分かりますし、交友関係のある人からの後ろ指は辛いかも…((+_+))

後半、エミリーの最悪な場面に出くわしたデュアルテ…。あぁぁぁ…誤解ですよ、誤解!

どうやったら仲直りできるの、この二人!とヤキモキしながら読んでいたら、最後、まさかの展開が待ってました!

とてもスッキリした終わり方で良かったです~!!!!!

 

【罪深い肖像画】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

【罪深い肖像画】の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事