ハーレクインコミックス【億万長者と愛の形見】感想とネタバレ
Pocket

このページでは、ハーレクインコミックス【億万長者と愛の形見】の感想とネタバレについて紹介していきたいと思います!!

しばしお付き合いくださいませ~♪

【作者】
著者:藤田和子

原作者:ジュリア・ジェイムズ

原題:Claiming His Scandalous Love-child

【億万長者と愛の形見】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

億万長者と愛の形見の無料試し読みはコチラ

【主な登場人物】
<エロイーズ・ディーン>    <カーラ>
・主人公・           マーリーンの娘
ナニーとして働いていた     ヴィトの血のつながらないいとこ
(母親の代わりに育児を行う
 プロフェッショナルのこと)  <マーリーン>
                 亡き叔父の妻
<ヴィト・ヴィスカーリー>    厄介者
 ホテル王       
 急死した父の事業を受け継いだ

【億万長者と愛の形見】の感想

いいですねぇ運命の出会い!

普通は階段からスーツケース落としても無視して去って行かれることがほとんどですよ!

ホント薄情な世の中だ(笑)
私も謝罪して終わりかな…と思うところはありますが…。

そう思うと、ヴィトは優しいです~!

厄介な身内…しかも叔父の妻ということは要するに赤の他人ですね。
そんな人からのまた面倒な提案とは…
どうして面倒な人は面倒な事しか言わないんでしょう?

母も母なら娘も娘ですねぇ~!
ムキーッ”(-“”-)”となりながら読んでましたよ、まったく!!

そしてなんともエロイーズに対するヴィトの愛情の深さがたまりません!
カーラとの結婚式の時、ヴィトの葛藤が心情に現れていてとても読みごたえがありました。

それからも諦めきれずに、手掛かりがなく行方の分からないエロイーズを探すヴィト、
マジで惚れます!!
真っすぐに愛を向けてくれるこんな男性に愛されたい( *´艸`)

そしてカーラ、いつの間にいい人になったんでしょう???
気恥ずかしくなるような広告まで出す手伝いをしてくれるなんて、と思いました。

最後、まさかのエロイーズのお母さんでしたよ~。

大どんでん返し!

ぜひ読んでみてください!!!

億万長者と愛の形見の無料試し読みはコチラからぜひ読んでみてください(^^)/

【億万長者と愛の形見】のネタバレ

仕事の休暇を取り、ロンドンからパリに行く予定で、
飛行機に間に合わないと急いでいたエロイーズ。

空港ですれ違いざまにヴィト・ヴィスカーリーと接触し、
階段からスーツケースを落としてしまいます。

ヴィトが拾い上げてくれたのでお礼と接触した謝罪をしていたところ
搭乗予定の飛行機が行ってしまいました。

僕のせいだと言うヴィトに、エロイーズは乗り遅れる運命だったと言います。

するとヴィトは
「ぼくと出会う運命だったんじゃないかな」
と…。

「パリのホテルの名前もヴィスカーリーだったからこれも運命かしら」
とエロイーズが言うと、

「ぼくのホテルだよ。よかったらパリまで送らせて」
とヴィトに優しく接してくれます。

運命という言葉に酔いしれて、エロイーズはヴィトと身体を重ねてしまいました。

このまま離れたくないと言われたエロイーズは、
ヴィトと様々な地方を一緒に回りヴィトの故郷であるローマにたどり着きます。

出会って2週間しかたっていないのに
長年一緒にいたような幸せな気持ちで過ごしていたのですが、
エロイーズの期待とは裏腹にヴィトは家に連れて行ってはくれなかった…。

ですが、実はヴィトも家に連れて来たかったという同じ思いでいたのです。

ただ、その日は面倒なことが待っていたので一人で帰宅したヴィト。

目下悩みの種はマーリーン(亡き叔父の妻)なのですが、夫を言いくるめてホテルの株の半分を手にしているのです。
その株を取り戻すべく無理に無理を重ねたヴィトのお父さんは倒れて亡くなってしまいました。

どうにかホテルを守りたいヴィトに、
マーリーンは自分の娘カーラと結婚すれば家族になるからホテルを守れる
と提案します。
お母さんもカーラも提案を拒否しませんでした。

「どんな犠牲を払ってでもホテルを守れ」

というお父さんの遺言通りヴィトはカーラと結婚してしまうのでしょうか!?

エロイーズとヴィトの恋の行方は!?

ホテルは売却されてしまうのか?

 

【億万長者と愛の形見】は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

億万長者と愛の形見の無料試し読みはコチラ

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました~!!
Pocket

おすすめの記事