【プリンセスはきみ】感想とネタバレ
Pocket

このページでは、「プリンセスはきみ」の感想とネタバレについて紹介していきます。

【作者】
著者:尾方琳
原作者:リサ・ケイ・ローレル

「プリンセスはきみ」は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さい。

プリンセスはきみの試し読みはコチラ

【登場人物】
<アンナ・レイン>
・主人公・
コーヒーショップと古着屋を経営
誰にも言えないある重大な秘密を抱えている

<ルーカス・ハンソン>
コンステレーション王国の皇太子
王位を継ぐために花嫁候補を探している
身分を隠し、ルークと名乗る

【感想】
急に一国の王子が訪ねてきて、「お嫁さん候補を探してほしい!」と言われたらそれはかなりビックリしますよね~!
きっと誰しもが『何で私が探すんだ!?』と思うはず…。

探さなくても、きれいな人はいっぱい寄ってくるだろうにと思っていたら、したたかな女性ばかりだったと…。華やかな世界にありがちですね。

王子様に頼みごとをされたら、アンナも断れませんよねぇ~。
逆に、ポジティブにとらえて進んで提案するとは、強い!そこが周りから頼りにされるところなんでしょうね(#^^#)

地位も名声も手にしているのに、家族がいても温かく幸せではなかったルーカス王子が
母性にあふれたアンナにどんどん惹かれるのもすごく分かります。
私も男なら絶対好きになってる!

そして、随所にみられるんですが、庶民の生活に馴染もうと苦労している
ルーカス王子がとってもいじらしいですね!

しかも同じ家で同居って!?ルーカス王子以上に私がドキドキしましたよ(笑)妄想が膨らむわ膨らむわ。。。

うんうん、同居したらいろんなことが起こるよねとニヤニヤしながら読み進めていました。
何があったか!?そこはもう読んでからのお楽しみです。

【ネタバレ】
アンナが経営しているコーヒーショップに突然皇太子であるルーカス王子が訪ねてくるところから物語は始まります。

実は、アンナの親友とルーカス王子の友人の結婚式で会ったことのある二人だったのですが、ほぼ面識はなく…。
しかも終始マイペースなアンナにご立腹気味です。

訪ねてきた理由をアンナがルーカス王子に確認すると、
王位につく準備をしているけれども、大きな問題がある。

結婚しないと王位を継ぐことができないからアンナにいい人を見つけ出してほしいというものでした。
しかも2ヶ月以内に!!

幸せ請負人という大きなものを背負ってしまったアンナですが、ルーカス王子のためにと奮闘します。

ルーカス王子が結婚の条件として出した絶対に譲れないことはただ1つ!
それを聞いたアンナは「自分には関係ない事だから…」と自分の詳しい話はせず計画を立てていくのです。

そこで提案した計画が、なんと王子の身分を隠して1ヶ月間アンナと同居するというものでした。

策士アンナに翻弄されるルーカス王子はいろいろな女性とデートしてみるものの、一人に絞れず罪悪感を抱いてしまいます…。
それを優しくたしなめるアンナ。

常に前向きなアンナにルーカス王子の心は揺れます。
一時の感情ではないことも自覚していますが、どうすることもできず…。

アンナも王子に特別な感情が芽生えますが、実はアンナには明かせない秘密があり…。

アンナの秘密を知ったルーカスが選ぶ花嫁はいったい誰になるのでしょうか!?

「プリンセスはきみ」は無料試し読みすることができます。
eBookjapanで試し読みすることができるのでぜひ読んでみて下さいね。

プリンセスはきみの試し読みはコチラ

Pocket

おすすめの記事